構図とは何か|イラストの構図が思いつかないから勉強したよ

「構図」の勉強は何故した方が良いのか

私は「構図」のことを「物の配置やカメラの視点の位置のことだろう」と思っていましたが、同時になんとなく「意味を理解できていない気がする」とも思っていました。

Web上で検索した説明の記事などを読んでみると、やっぱり間違っていました。
勉強したはずなんですが、思い込みって怖いですね……

「構図」、「構図のテクニック」とは

改めて勉強して「構図」とは何かを私なりに簡潔にまとめてみました。
間違っていたら教えてくださいね…!

「構図」とは、デザインに含まれる芸術要素の構成のこと。

「芸術要素」は、物の配置や形、線、色、テクスチャ(質感の表現)、光の分布など、デザインに含まれる色々な要素のこと。

物の配置のことだけじゃないんですね。

じゃあ「構図のテクニック」とは何か、こちらも私なりにまとめてみました。

「構図のテクニック」とは様々なパターンの「構図」が持つ特性を活用して、意図した効果や、絵をより魅力的にする効果を生み出すこと。

構図のパターンには、絵にまとまりを感じられる効果、ゆっくりとした時間を感じられる効果、緊張感を感じる効果など、様々な効果をもたらすものがあります。

知らなくても何となく構図のテクニックを使っている。

描きたい絵を思い浮かべた時、自然と選ぶ配置や色や光の感じなどに構図のテクニックが含まれています。

例えば、ゆったりとした空間にいるような絵をかきたい、複数人いるキャラクターの中でこのキャラクターを目立たせたい、スピード感のある絵を描きたい……とか想像してみるとわかりやすいでしょうか。

色々な作品を見ることや実際に書いてみることで自然と構図の効果を感じているので、敢えて構図の勉強をしなくても感覚で意図した効果を使っているんです。

「構図」のパターンを勉強しなくても「構図のテクニック」は使えるのに、敢えて勉強する理由って何でしょう。

構図の知識を得ることでレベルアップできる。

構図を学んでどんなレベルアップができるかちょっと挙げてみました。

  • 感性+理論(構図の知識)で意図した効果の絵を目指すことができる
  • 知識が自信の裏付けになる
  • 構図の効果を盛り込んで、作品をより魅力的にすることができる

構図の効果を知らなくても意図した絵を描けるときもあれば、逆に「描きたい効果の絵が描けない!」と悩むこともあると思います。

私はしょっちゅうあります。というか意図した絵を描けることってほとんど無くて、描きながら何とかこんとかこねくり回して、結果何か違っても妥協したり、別の方向でもなんとなく良い感じになったら完成にする感じでしょうか……

いつもセンスで描けていたものが、急に何故描けていたのかわからなくなってスランプに陥る場合もあると思います。
感覚のみを頼りにしている場合、いざ不安定になったときに調子を戻すきっかけをつかむのが難しいですよね。

そういった時、構図の知識があれば解決に向かえる可能性があります。

知識が自信の裏付けにもなりますし、追加効果を盛り込んでもっと絵を魅力的にしたりもできます。

要素の配置を決める為の基本的な構図

「構図のパターン」と聞いてまず浮かぶのは、「日の丸構図」や「三分割法」などでしょうか。

こういった、要素の配置を決めるのに役立つ基本の構図のパターンは色々あって、かっちり当てはめると単調になるものは少しずらすような使い方もします。
描きたい絵によりますが、一つの絵の中に複数のパターンを使うのが普通ですし、「しっかり当てはめよう」とか固く考える必要はないと思います。

自分が描きたい絵を思い浮かべてラフを描いたりしてから構図のパターンに当てはめて「まとまり」をだしたり、要素を追加して自分の意図に近づけて行く方がのびのび描けるのではないでしょうか。

もちろん構図のパターンからイメージを膨らますのもありだと思います。
楽しみながら覚えて作品も出来るので、勉強の為に書いてみるのも良いですね。

基本の構図のパターンはWeb上で調べるのも良いですし、手元にテキストがあるとさっと手に取って調べたり何となく開いて参考にできるので、書籍を購入するのもお勧めです。

ちなみに今回私が本で勉強をしたきっかけは、構図を何も意識せず描いた絵があまりにも駄目だめだったからです。

構図を全く意識せず描いた絵
構図の本を読んだ直後に描いた絵

左が構図を全く意識せずに描いた絵です。
何処に視点を持っていったら良いかわからない感じになってしまいました。

右が構図の本を読んだ直後に描いた30分ドローイングの絵です。
単純に三角構図にしただけですが、自然と2人の顔に目が行く絵になっているかと思います。

『イラスト、漫画のための構図の描画教室』 著者:松岡 伸治

基本的な構図のパターンが豊富に掲載されており、それぞれがどういう効果があり、どのように使う構図なのかを学べます。
作例や図解とテキストで一つ一つ解説があり解りやすいです。

構図の勉強を始めた人が基礎知識として知っておくべきことが一通り載っており、初心者さん向けの教科書的な内容となっています。

基礎を学んだ後も構図に悩んだ時などには改めて開いてみて欲しいです。
特にスランプのような状態に陥ったときは基礎的なことをおさらいすると良い流れが作りやすいので、こういった本が手元に1冊あると良いと思います。

構図の勉強を始めた初心者さん、構図の基礎を改めて確認したい人にお勧めです。

描く過程で変化する絵に対応した構図の考え方

下書きを線画に起こし、色を追加し、テクスチャを追加し、エフェクトを追加し……と絵を描き進めると、絵に含まれる要素がどんどん増えて行きます。

増えて行くと、下書きの段階で目立たせようとした箇所が目立たなくなったり、意図しない効果が追加されてしまいます。

絵を魅力的に仕上げる為には、描き進めることで変化する絵に都度対応して修正や変更を行わなければなりません。

こういったより完成度を高めるための実践的な構図の考え方についても、本を購入して勉強してみました。

『イラスト構図完全マスター』 著者:友野るい/スタジオ・ハードデラックス

制作工程を通じて、プロのイラストレーター/友野るい先生が作品を完成させるまでの考え方を学ぶことができる本です。
先ほどご紹介した本より発展的な内容となっています。

どういった考え方で配置を変えたのか、何故描き込んだ要素を削除したのか、描く過程で変更した理由を丁寧に教えて貰えます。

試行錯誤しながら制作する過程を見れることも貴重ですが、制作過程の変更の理由をここまでしっかり書いている本はなかなか無いと思います。とてもありがたいです。

構図の概念が変わる、とても勉強になる1冊です。

タイトルとURLをコピーしました